メールマガジンバックナンバー

飲食店メニューデザイン研究所では、
お店の売上に貢献する本物のメニューブックを作成します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【10000店舗以上の実績に裏付けされたノウハウ】
  詳細はコチラをクリックしてください。
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
今週の内容
【1】 今週のトピックス「国内唯一の業務用専門展開催」
【2】 メニューデザイン研究所内ショールームについて
【3】 編集後記 所長満田のひとり言
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

【1】国内唯一の業務用専門展開催
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
惣菜デリカ・弁当・中食・外食業界の素材や製品、機器、容器までを一堂に展示する
業務用専門展「第17回 ファベックス2014」と、

和洋菓子・ベーカリー・カフェ・飲料の
業務用専門展「第11回 デザート・スイーツ・ベーカリー&ドリンク展」、

そして委託先と受託先を結ぶ、食品・飲料に特化した専門商談会
「第2回 食品&飲料PB・OEMビジネスフェア2014」が、2014年4月2日(水)から
4日(金)までの3日間、東京ビッグサイトの東1・2・3・4ホールで開催されます。

メインテーマは「食品業界の価値あるコラボレーション、
"技術"と"メニュー"で食の未来を革新」。"食材"、"機器"、"容器"の3分野が一体となり
、 新しいソリューションを提案する事を特徴としており、食品業界の商品・メニュー開発のヒント、
最新情報を一堂に会した国内唯一の食品業務用専門展となっており、
一般来場者は入場不可となっております。

場内では「惣菜・べんとうグランプリ2014」や一皿の中に氷菓を組み入れ作り上げられた
芸術菓子の腕を競う「第8回 アシエットデセール・コンテスト」、売れるPB・OEM の商品や
営業戦略に関するセミナーなど、様々なコンテストやセミナーが開催される大きな催しです。

私たちは、メニューをデザインする際に、料理の器の色やカタチも含め、どうすれば料理が
美味しそうに見えるのかという部分に注目しております。

そういった視点でも、このイベントは料理人の方や、商品開発される方にとっては、
何か発見のあるイベントですし、美味しさへの追求は五感すべてで表現するもので
あると、振り返るよい機会かもしれません。

☆メニューブックを通して美味しさを伝えます☆
http://menulabo.com/

【2】メニューデザイン研究所内ショールームについて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メニューデザイン研究所のショールームに展示しているメニューデザインの
ラインナップと展示方法を少し変更致しました。

パウチ加工したメニューブックからオリジナルの形状のブック型の物まで
より手にとっていただきやすいよう仕様別(サイズや印刷方法)に展示
して、お客様によりわかり易いように変更致しました。

業態にあったメニューブックをオリジナルデザインで魅力的に見せる方法や
お店のコンセプト、商品のウリが明確になった構成も実物を手にとって
見ていただけます。

現在は、消費税増税の表記方法などのお問い合わせが急増しておりますが
外税表記など、表記方法別のメニューデザイン事例も展示しておりますので
併せてお気軽にご相談いただければと思います。

☆メニューブックのショールームにはご繁盛プランナーがご案内☆
http://menulabo.com/

【3】編集後記 所長・満田のひとり言
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
先日まで、出張でベトナムを訪問しておりました。
現在アジア圏においては日系の居酒屋・レストランがどんどん出店しており、
ベトナムでもその勢いは加速している様に見えました。

先日ベトナムに初めてマクドナルドがオープンし、現地の方には高級なもの
ではありますが、手頃な値段の商品なども工夫しており、話題性もあいまって、
とんでもない行列ができている状態です。

こうした海外への飲食店展開は商品クオリティを押し上げる結果となり、
今では居酒屋等も日本の味を変わらない品質で提供しています。

こうした動きの中、私たちも同じ様にメニューブック制作を少しずつでは
ありますが、タイ・ベトナムでご提供しております。

昨年は「東京タウン」という日本食が集結した大規模なお店のメニューを
納品させていただきました。

ここでも、実際にお店に行ってびっくりしたのが、
現地では初回のオーダーに限り1人に1冊メニューブックを渡しておりました。

発注スピードを上げるのと、来店された方へのポスピタリティとして、
こうしたオペレーションが実行されておりましたが、

現に日本の飲食店でも4名席のお客様にメニューを2冊お渡ししている
店舗もありますので、考えようによっては双方にとって良いシステムだと思われます。

しかしながら、外国にあっては国内とはひと味違ったニーズや文化が存在します。
“現地のニーズや文化を大切にして料理の魅力を伝える。”

日系の飲食店の場合は日本以上にコミュニケーションツールとしての
役割がメニューブックに課せられた、重要なツールであると実感しました。

☆メニューブックはスタッフの1人だと考えてデザインしています☆
http://menulabo.com/

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

■お問い合わせご希望の方は・・・
 お問い合わせフォームをコチラから
■メニューデザイン研究所をもっと知りたい方は・・・
 コチラからオフィシャルサイトにアクセスしてください。
■いいね!お願いします!
Facebook
https://www.facebook.com/ 「メニューデザイン研究所」で検索
■メニューデザイン研究所のお客様の声を聞きたい方は・・・
 コチラをクリックしてください。
■ メニュー制作に関する資料が欲しい方は・・・
資料ダウンロードへ

━━メルマガ配信について━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このメルマガは名刺交換または、弊社スタッフがお会いさせて頂いた皆様方、
また各種お問い合わせを頂いた皆様を中心に配信させて頂いております。
今後配信を希望されない方は、お手数ではございますが、下記より配信停止の
手続きをお願いできましたら幸いでございます。
※配信停止:https://submitmail.jp/FrontReaders/mail_edit/2297/1
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

――――――――――――――――――――――――――――――――
■メニューデザイン研究所/ 株式会社ウイングッド
(大阪本社)
〒541-0004 大阪市北区堂島浜2丁目1番29号 古河大阪ビル本館1F
TEL: 06-6465-1126 FAX:06-6465-1165
(東京支社)
〒162-0824 東京都新宿区揚場町2-18 ブリエ飯田橋3F
TEL: 03-6265-0757 FAX:03-6265-0756
――――――――――――――――――――――――――――――――

Copyright(c) 2014 WG GROUP All rights reserved.
メニューデザイン研究所
menu design laboratory