飲食店の総合支援アプリリリース!

コロナ禍でGoogleマップが最適可されている店舗は半分以下?集客市場の変化を見誤るとマズイ本当の理由

2回目となる緊急事態宣言が全国の1都2府8県で発令されました。

度重なる時短営業を強いられる飲食業界は八方ふさがりの状況に陥っています。感染拡大の終息が見えない中で飲食店の出口はどこにあるのでしょうか?

本記事では店舗集客に今や欠かすことのできないグーグルマイビジネスについて解説します。困窮する飲食店の灯となる内容を纏めていますので最後までご覧ください。

 

生き残るための店舗集客とは?

緊急事態宣言の発令されました。飲食店がやり玉にあげられている感はどうしても否めません。しかし緊急事態宣言の効果の程を検証している時間も余裕はありません。発令下において飲食店はいかに効率良く集客を行い売上げに繋げられるかが生き残るための最善策です。そんな中、ちぐはぐと言わざるを得ないWEB集客に関するアンケート結果がもたらされました。

 

店舗の46%がHPとGoogleMapの情報が一致していないと回答

新たな販路としてテイクアウトやデリバリーサービスを導入された飲食店は多かったはずです。しかし導入された店舗の約半数がホームページとGoogleマップとの情報が一致していないことが某企業の調べで分かりました。情報の不一致はテイクアウトサービスはおろか、通常の顧客離れをも招きます。その理由にGoogleマップはこれまでの集客媒体にとって代わり、トレンドマーケティングの主流になっているからです。今後の店舗集客を左右するトレンドマーケティングについて解説します。

 

トレンドマーケティングとは?

お客さんが今どの市場に集まるのか?それを把握するのがトレンドマーケティングです。市場規模はお客さんの人数=売上げという当然の方程式は、正しい集客方法があってこそ成立します。お客さんが集まる集客場所は1~3年のサイクルで定期的に変わるため市場と集客媒体はどこに需要があるのか見極めることが必要不可欠なのです。

 

変化し続ける集客媒体

上記の図は集客媒体のトレンドの移り変わりを表したものです。電話帳に始まりフリーペーパー → ホームページ→ ポータルサイトへと店舗の集客手段は変化し続けてきました。そして今現在、ポータルサイトにとって代わるものがGoogleマップなのです。市場が変化し続ける以上、店舗側の手法も変えていくのは当然の摂理だと言えます。

 

一大巨頭の時代へ、Googleマップが示す数字的根拠

現代人の情報取得は「スマホ+Google」が基本です。それを表す数字として「Googleマップ」アプリの利用者数は6,000万人に及びます。実に「1秒あたり20人」がGoogleマップを使って検索していることになります。この検索動作時に画面に表示されないお店は行きたいお店情報から外れてしまうのが事実です。集客市場は「Googleマップ」へと変化しました。集客手法をシフトさせることで効率良く売り上げを得ることができるのです。

※ご参考:ちなみに、大手グルメサイトなどの利用者数は100万人程度と言われています。実に60倍もの人が「Googleマップ」を活用してお店を探しています。

 

Googleマップの最適化で集客は強くなる

前述した通り、「Googleマップ」へと集客市場は変化を遂げています。「現代の集客」に気づいた企業や店舗は既に導入を試みており劇的な集客を得ています。集客成功への手法はケーススタディの検証によって実務レベルにまで落とし込まれているのも事実です。具体的にGoogleマップの最適化を図るためのサービス3つをご紹介します。

 

01.検索で見つけてもらうために

認知拡大のためにGoogleの地図エンジンの最適化を意味する「MEO」対策を施す必要があります。例えばGoogleで検索した際、Googleマップの検索結果が表示される仕様になっています。このマップ検索でローカルページが表示されることがWEB集客での重要なポイントになります。

 

02.ユーザー目線で情報掲載

店舗の掲載情報を正しく適切に整備する必要があります。MEO対策を行うと閲覧数が上がっていくことを体感できるはずです。次に大切なのは閲覧を集客に結び付けることですがお店の魅力やニーズが写真、文章でしっかりと伝わるページにするためのメンテナンスを行うのが重要なポイントです。

 

03.動画コンテンツを公開する

より精度の高い集客・来店につなげるために意味のある動画を活用することが必要です。5G時代の到来で今後ますます需要が高まっています。この「動画マーケティング」の必要性はGoogleマイビジネスにも「必須掲載項目」として整備されています。

 

効果的にWEB集客をご希望される飲食店様へ

訪れるお客様に分かりやすい情報(テキスト・写真・動画)を揃えることがWEB集客の鉄則です。それはオフラインの施策も同じように見えますが、お客様の動向を分析し次の集客の課題を事前検証しておくことが必要です。WEB上での集客において欠かせないのが「数字で分かる効果測定」です。どんな時間帯で来店されたのか?このお客様の動向を解析し、「次なる課題」を排出する解析システムを活用したサポートを行っています。詳しくは下記よりお問い合わせください。

 

グーグルマイビジネスについてのお問合せはこちら

メニューデザイン研究所とLillyホールディングスは業務提携を結んだアライアンスパートナーです

まとめ

集客市場はGoogleマップへと移行された今、集客手法も変える必要があります。トレンドマーケティングと聞くと難しいイメージを持ってしまいがちですが、どなたでも簡単に無料で始められるのがグーグルマイビジネスです。今後も高まるローカルSEOを高めることで近隣のお客様から見つけてもらう対策をすることが必須です。またより効果的な集客を行う上で、私達メニューデザイン研究所がサポートできることがあります。ご興味ございましたら是非下記よりお問い合わせください。貴社に寄り添うWEB集客で貢献します。

 

グーグルマイビジネスについてのお問合せはこちら

メニューデザイン研究所とLillyホールディングスは業務提携を結んだアライアンスパートナーです