メールマガジンバックナンバー
このメールマガジンは弊社メニューデザイン研究所(株式会社ウイングッド)のスタッフと名刺交換を行った方と、サービスをご利用頂いている方々に配信しております。停止をご希望の方は、本メールアドレス宛に「配信停止希望」と入れてご返信頂きますようお願いいたします。(前回のメールマガジンにおきまして無効なアドレスを掲載しておりましたことをお詫び申し上げます。)
 
 
 
『質問です!あなたが「感動したサービス おもてなし」を教えてください。』
 
某企業が一般に向けて行ったアンケートですが、2位を大きく引き離し
1位に輝いたのが、『自分のことを覚えていてくれた(19.7%)』でした。
 
 
●感動のサービス・おもてなし体験トップ5
1位 自分のことを覚えていてくれた(19.7%)
2位 誕生日や記念日のサプライズ(9.3%)
3位 歓送迎時の心遣い(7.3%)
4位 子連れや妊婦さんへの心遣い(6.7%)
5位 飲食に関する心遣い(6.2%)
 
 
一般の立場からの私見ですが、これ良く分かります。
2回目にして常連さんの気分が味わえることから、
お客さんからすると思いのほか嬉しいことだと思います。
 
 
逆に飲食店のスタッフさんがお客さんにされて嬉しかったことは何か?
この問いに対し、以前こんなエピソードを聞いたことがありました。
 
 
お客さん:『俺の娘をここで働かせたい!』
 
 
初めて来店されたお客さんに会計の際にかけられた一言だったそうです。
その日に得た感動が一言で表現されたとても嬉しい名言ですね。
 
 
お客様の一言で今日も頑張れる!
これは私達も一緒です。
 
先週、私達もお客様のお声でメンバーの士気があがりました。
メニューブックの重要性を強く説かれる姿に嬉しくも、身が引き締まる思いです。
 
こちらの模様は先週からのピックアップ3本として掲載しておりますので
是非ともご覧ください。
 

尚、わたくし山崎は中々、顔を覚えてもらえない人間です。
行く度に顔が変わっているのでしょうか?
ただ単に印象が薄いだけなのでしょうか?
 
今週もメニューで飲食店様のご繁盛に情報で貢献します!
 

 
忙しい方にこそ見て欲しい、先週のこの記事で何が分かる?何を変える?
 
 
①料理人の想い以上に伝えられるのがメニューブックだと思います。
http://www.mdl-media.jp/customers-voice/
 
・メニューブックの重要性が分かる。
・導入後の認知度・売上高を変える。
 
②【OPEN情報】ワイドなメニューで魅力増!必食のロティサリーチキンが自慢の大津京ダイナー
http://www.mdl-media.jp/open-3/
 
・流行のバルメニューが分かる。
・ワイドな仕様が接客を変える。
 
③【知ってると超使える!】手書メニューの書き方
http://www.mdl-media.jp/writing-course/
 
・手書メニューの書き方が分かる。
・毎日の日替りメニューを変える。
 
 
今週のMEDIYもよろしくお願いいたします。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
【お問い合わせ】
<弊社ホームページ>
http://www.wingood.co.jp
 
▼ショールームへ是非ご来館ください。
 http://menulabo.com/feature/#feature-c
 
<<大阪本社>>
add.530-0004 大阪市北区堂島浜2−1−29 古河大阪ビル本館1F
Phone.06-6454-1166 fax.06-6454-1165
 
<<東京支社>>
add.107-0052 東京都港区赤坂1-14-15 第35興和ビル別館 1階
Phone.03-5797-7395 fax.03-5797-7396
 
<<メニューデザインファクトリー>>
add.550-0015 大阪市西区南堀江3-15-2
Phone.06-7167-1167  fax.06-6539-5380
 
メニューデザイン研究所(株式会社ウイングッド)
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━