株式会社TORIO

会社名/店舗名:株式会社TORIO
役職/名前:
代表取締役 松田 安啓様
飲食事業部本部 柿本 茜様

WEBサイトURL:https://www.trio-inc.jp/

 

 

 

Q:御社にとってのメニューの重要性をお聞かせください。

松田社長:メニューブックは業態のブランディングツールとして考えています。メニューには「口に入れる前に見てもらって期待感を上げる」事を求めていますが、我々の目指すアメリカンダイナーでは、追求していくと文字だけのメニューに行き着きくかと思います。そうなった時にどう工夫して行くのかが課題になるかと思います。

 

 

株式会社TORIO

 

 

 

Q:メニューデザインスクールの受講前はどのようなお悩みがありましたか?

柿本様:デザインを初めてから、専門の本を読んだり、インターネットで調べたりしながら独学でやって来ていたので、自分のやり方で合っているのか不安でした。それに、こんな感じに作りたいというイメージがあっても作り方が解らずに苦戦していました。

 

 

 

Q:たくさんデザインスクールがある中、なぜメニューデザインスクールを選んだのですか?

松田社長:外注を使用するケースが多かったのですが、あまり上手くマッチングしていませんでした。社員が長く働ける仕事を作る事を考えておりましたので、デザイナーを育成して行こうと進めている最中に、展示会でメニューデザイン研究所さんにお会いした事が丁度良いタイミングでした。

 

 

 

Q:受講してみて良かった点、悪かった点などあれば教えてください。

良かった点
柿本様:デザインの幅ができた事はもちろんですが、他の企業のデザイナーの方々も参加されていましたので、悩みを共感できたり、受講終了後も繋がりができた事が良かったです。

 

悪かった点
柿本様:初心者講習をうけていなかったので、実習のレベルが追い付きにくい瞬間がありました。

 

 

 

Q:卒業後の反響などあれば教えてください。

(実務に活かせている又は課題解決に繋がっているか?)

柿本様:受講後にランチメニューのデザイン改定を行いました。店舗スタッフにデザインした意図や想いを伝える事ができる様になりましたので、出て欲しいメニューがちゃんと出る様になりました。

その一方で出過ぎてしまっているメニューなどもあり、今度はこうした出数の調整を考えていく様な課題も出て来ました。

 

 

▼BEFORE デザイン

株式会社TORIO

受講前に作成したランチメニューのデザイン

 

 

 

▼AFTER デザイン

株式会社TORIO

株式会社TORIO

受講後に改定したデザインでは売りたい商品のメリハリに変化が出ています。

 

 

 

Q:今後、弊社に求めることはございますか?

松田社長:他社とのデザイナー同士の集まりや、インプットする機会のアフターフォローを続けていって欲しいです。

 

 

 

株式会社TORIO