情熱ダイニング

会社名/店舗名:情熱ダイニング株式会社
役職/名前:
代表取締役社長 池原 晃喜様
広報総務 担当  住吉 郁恵様

WEBサイトURL:http://www.ko-z.com/

 

情熱ダイニング

 

 

 

Q:御社にとってのメニューの重要性をお聞かせください。

池原様:私たちのメニューの役割は「戦略ツール」です。初めて来店された方にどの料理を頼んでいただくのか、お店からの売りとなるものは何であるのかをメニューで表現する事を重要視しています。そうする事で現場スタッフの意思統一も同時に行え、お客様におすすめする料理やお酒にバラつきが無くなります。

メニュー開発では、お客様がもう一度来たくなることをコンセプトにした品数や、季節フェアの実施を行っていますので、メニューブックではそうした戦略をしっかりお客様に伝えるには無くてはならないものと考えています。

 

 

 

Q:メニューデザインスクールの受講前はどのようなお悩みがありましたか?

池原様:デザイナーの住吉さんが悩み込んでしまうことが多かったと思います。また社内でのコミュニケーションでも少し遠慮が見られる事もありました。

 

 

 

Q:たくさんデザインスクールがある中、なぜメニューデザインスクールを選んだのですか?

池原様:メニューブックを戦略ツールとして用いる為には、デザインの内制化を行い、ゆくゆくはチームとして後輩に指導していく事が必要だと思っておりましたので、メニュー専門の会社のスクールという事もあり受講させてみました。

 

 

情熱ダイニング

 

 

 

Q:受講してみて良かった点、悪かった点などあれば教えてください。

 

良かった点:
住吉様:まずは飲食におけるデザインの基礎を知る事ができました。文字の扱い方や、シズルの表現等が身についたと思います。

スクールに通う様になってから、自分のお店に足を運ぶ事も増え、お客様視点で見て、考える様に変化して来ました。

 

 

Q:卒業後の反響などあれば教えてください。

(実務に活かせている又は課題解決に繋がっているか?)

住吉様:店舗からは「もう出来たんですか!? 早いですね!」という事も返ってくる様になりました。私が発言する言葉も説得力が強まって来ている様に感じます。

 

情熱ダイニング

 

 

情熱ダイニング

 

住吉さんデザインのツールです。この中の手書きPOPは、イラストの精度が良くてTシャツ業者さんの目に止まり、無料でTシャツにしてもらった様です。

 

 

 

Q:今後、弊社に求める事は御座いますか?

池原様:今後は、今の流行を常に捉えて、SNS上でも料理の見せ方などを工夫し、多くの人に伝えて行って欲しいと思います。

ですので、流行っているお店のトレンド情報や、メニューデザインのトレンド等を共有して欲しいです。また、メニュー以外のツールの講座もあると良いですね。