会社名/店舗名:光フードサービス株式会社 /大黒、魚椿
役職:専務取締役
名前:中島 翔太様
特徴:立ち飲みスタイルで名古屋を中心に展開。

 

 

 

Q1.メニューデザイン研究所に発注したポイントとは?

光フードサービス 中島様の声

 

イメージがあっても、これを形にしてくれる業者様に出会えていませんでした。実際ここ名古屋でもそのような会社はあるのですが、私たちの想いを汲みとり、方向性の軌道修正もしてくれる “パートナー” に出会えてこなかったという表現が正しいかもしれません。

 

そんなジレンマを持ちながら半ば諦めかけていた矢先に、ビールメーカーのセールスさんから「メニューデザイン研究所」さんを紹介頂けたのが始まりでした。当初から担当してもらえている唐沢さんとの初商談を経て、今まで諦めかけていた想いが実現できそうな気がしたことを今でも覚えています。

 

 

 

Q2.実際に依頼されてみていかがでしたか?

客観的かつ消費者目線で提案をしてくれるため、諸々の成果も上がったと実感できました。

 

これまで課題であった、“オープンから軌道にのるまで時間がかかる” 点を店頭、店内の見せ方や販促提案をして頂き、予想を大きく上回る結果につなげることができました。

 

光フードサービス 店頭

 

 

光フードサービス 店頭

 

 

 

Q3.今後メニューデザイン研究所に求めることとはなんでしょうか?

光フードサービス 中島様の声

 

これからの飲食業は総合力が求められると思います。メニューのラインナップも重要ですが、注文までの導線、お客様に対するサービスの在り方、スタッフ教育までの全ての質を高めていかなくてはいけません。

今後は益々、時代の変化は目まぐるしくなることから、先を見据えた提案をし続けて欲しいと思います。

 

 

 

Q4.今後の展望をお聞かせください

「繁盛店=食の良さ」だけではない時代がきていると感じています。空間によってもたらされる「雰囲気」も今後は突き詰めるべきだと考えています。

 

光フードサービス店内

 

これまではセンチ単位の見直しをしてきましたが、それでも細かな綻びが出てしまいます。よって、ミクロ単位の修正が必要だとも。この細かさとニュアンスの難しさに対しても汲み取り向き合ってくれる会社であり続けてほしいと切に願っています。

 

「価格」は高いと思いますが、それを十分に補うほどの「価値」がメニューデザイン研究所さんにはあると思いますので、益々のご協力を期待しております。

 

光フードサービス 店頭

 

光フードサービス店頭