株式会社 野乃鳥

会社名/店舗名:株式会社 野乃鳥
役職:代表取締役社長
名前:野網 厚詞
会社/店舗プロフィール:野乃鳥では生産者との繋がりを大切にしています。播州百日鶏の美味しさを味わってもらうために、鮮度を極限まで考え、産地直送の丸鶏を午前中に手捌きで解体しています。

 

Q1.なぜメニューを変えようと思われたのですか?

今までメニューは社内で作成をしていました。しかし、新規出店を行っていくにあたり、商品数も当初より増えていきました。それでも工夫しながらメニューに落とし込んではいましたが、お客さん目線で見た時に見易いメニューになっているのか不安になる時がありました。それが当たり前になっていくことに恐れもあり、お客さんにとってベストのメニューは何か?伝えるにはどうすべきか?と考えた時、外部に依頼してみようと思ったのがきっかけでした。

 

 

Q2.メニューデザイン研究所に発注した理由、決め手はなんですか?

ドリンクメーカーさんを経由して間接的にドリンクメニューの依頼を行っていたのがメニューデザイン研究所さんでした。その当時から写真の使い方や表現の仕方がストレートで分かりやすい印象を持っていました。
またメニューを変えようと思った要因でもある、“お客様目線でのメニュー” を実現するにあたり、自分たち表現したいことを把握していてもいざ形にするとなるとどのように進めてよいか分かりませんでした。その点、メニューデザイン研究所さんは私たちの想いを汲み取ってくれたのが決め手だったように思えます。

株式会社 野乃鳥

株式会社 野乃鳥

 

 

 

Q3.作成期間中に良かった点、悪かった点を教えてください

これはメニュー導入後の話にもなりますが、食べて欲しいメニューが出るようになったのは良かった点です。またお薦めが何なのかが明確になったのも大きな成果です。
メニュー作成に掲げていた、お客様目線で伝わるメニューが再現できたのだと思います。また作り込みを一緒にやってもらえたのがありがたかったですね。

悪い点とまではいきませんが、たまに意図したデザインがずれることがありました。お店のウリである「播州百日鶏」はあくまでもお店の顔ではありますが、「播州百日鳥」にこだわりすぎて表現することがありました。お客さんが喜んでくれるためのメニュー作成だったことを思い出し、そこからブレなく進めることができました。

株式会社 野乃鳥

 

 

 

Q4.今後、メニューデザイン研究所に求めることはありますか?

これは私たちの挑戦にもなりますが、産地から仕入れた食材をセントラルキッチンで仕込んで店舗で販売しています。部位によっては日によって仕入れの数が異なることもあり、売り方に問題を感じています。この課題に対してメニューの見せ方による出数コントロールができればという想いがあります。産直焼鳥屋とでもいえるかもしれませんが、これを実現するためにこれからも力を貸してもらいたいと思っています。