株式会社 橋本屋

会社名/店舗名:株式会社 橋本屋
役職:専務取締役
名前:稲靏 直紀様
会社/店舗プロフィール:
その日に仕入れる魚介類や、季節の味覚をつかったお料理を新鮮かつリーズナブルにお楽しみいただけます。オリジナルブランドの「匠海」。マグロ卸業が専門の魚屋が直営する
和食居酒屋「魚輝水産」を展開。

 

 

Q1.なぜメニューを変えようと思われたのですか?

メニューはもともと自社で制作していましたが、内容に満足はできていませんでした。商品内容を知っているはずの私でも、商品が入ってこないというか。初めて来店された方は余計に分かりにくいのではと思ったことからメニューを変えたいと思うようになりました。

 

 

Q2.メニューデザイン研究所に発注した理由、決め手はなんですか?

きっかけは飲料メーカーさんからの紹介でしたが、以前からメニューデザイン研究所さんのメニューを拝見する機会がありました。デザインのクオリティーは見てその高さを感じていましたし、情報が整理できているためとても分かりやすい印象を受けていました。

株式会社 橋本屋

 

 

Q3.発注をされてみてどうでしたか?

依頼を検討していた当初はとにかく “かっこよくて綺麗なデザイン“ を希望していました。それから発注が決まり、打ち合わせを行った際に、担当のプランナーさんからは「原価率の低減」を提案頂きました。メニューで収益改善できると聞いた時は正直驚きました。

メニュー導入後は実際に原価を下げることができ、売上を上げることもできました。また3ヶ月で制作費用を償却できたことも驚きです。制作ビジュアルのクオリティーも重要ですが、課題を洗い出し成果を得るためのメニューつくりができたことに大変満足しています。

株式会社 橋本屋

 

 

Q4. 稲靏さんにとってメニューとはなんでしょうか?

間違いなく「お店の顔」であると思っています。お店のイメージを実直に伝えるツールのため、うまく伝えられないと逆に負のイメージをお客さんに与えるとも考えます。課題であった「分かりにくさ」がそうであったと思います。お客様のニーズに応えることが満足度を高め、結果として売上げのアップに繋がったのだと思います。

 

 

Q5.今後、MDLに求められることはありますか?

今後は新たな業態開発に取り組み、店舗展開を増やしていきたいと考えています。今回メニュー作成する過程で、私たちが意図することを汲んで頂きました。このような想いや戦略を共有しながら一緒になって店作りをしていきたいと思っています。更なるレベルアップを図り、高みを目指したいと思うのでこれからもよろしくお願いします。