お客様の声

カジュアルイタリアン ピアンタ
伊藤 様

常に笑顔と元気が溢れるカジュアルイタリア【ピアンタ】。現在8店舗ですが目標15店舗 !! 「こんなお店あったらいいな」をテーマに、気軽に行ける飲食店の中で、どこよりも美味しい商品、どこよりも温かいサービス、どこよりも楽しい雰囲気を提供します!

御社にとってメニューブックの重要性とは?

メニューブックは悩みの種でした。と言いますのも私自身が元々料理人であり、美味しいものが安価で食べる事ができればお客さんは来ると信じていました。
しかし現実は違いました。
メニューはそれまでアルバイトスタッフ手書きをしたり、グランドメニューは写真が無く、文字の羅列だけの内容でした。
お客さんの立場になって考えたとき、料理の質だけで喜んでもらえているのだろうか? 疑問を持つようになったことで本格的にメニュー作成を考える様になりました。

メニューブックに求めるものとは?

メニューブックはお店からのメッセージを伝える重要なツールだと考えます。 私の理想はいつも満席で、忙しいながらにも従業員が皆楽しそうに働いているお店です。
そのためにはまず、来て頂くお客様にもワクワクしてもらうことが必要だと考えます。
来店してからの2時間あまりが楽しければ、最後のドルチェまで頼んで頂けるはずです。 その楽しい時間を演出するためにはメニューブックの力が重要です。
オーダーをとるだけではなく、ピアンタの歴史やスタッフの想いもメニューブックは伝える事ができるからです。
お客さんに喜んでもらうことで従業員も笑顔になれる。 理想の先にはメニューブックの力が不可欠です。

ウイングッドに制作を発注した理由は?

過去にも外注しておりましたが、こちら側の想いを汲み取って頂く事が難しくありました。
見た目はまとまっているデザインでも、『可愛ければ良い!』や『格好が良ければ良い!』という目的に留まってしまい、本当に伝えたい事が伝わっていないことが悩みでした。
その点、ウイングッドさんには提案力がありました。
実際にお店で食事をされ、お客さんの目線で何が必要なのかを一緒に考えて頂けました。
それまでのメニューは【季節メニュー】・【ワインリスト】・【グランドメニュー】と、テーブルの上が煩雑になりがちであることを指摘頂き、出来るだけ枚数を減らしてあげることがお客さんへの訴求力を高める事だということが分かりました。
ピアンタのためのメニューを一緒に作ろうという想いをウイングッドさんからの提案に感じました。
それは私自身、初めての経験だったため、とても印象深い事でもありました。

メニューブックを作成して良かった点は?

選ぶ楽しさが増えたメニューになったと思います。
これを手にしたお客さんの笑顔が増えたことで、スタッフの笑顔にもつながっています。
また煩雑だったメニューも最小限にまとめることが出来ました。
その分、売りたいものをはっきりとさせたことで、初めてのお客さんでも選んで頂き易くなりました。 その事で過剰な在庫が無くなったことも喜ばしい点であります。
常連のお客さんからの反応も良いです。 ご指摘も中にはありますが、お客さんからのリアクションがあることはピアンタを良く知る常連の方の目にもしっかり止まっている証拠だと思います。
次の改定ではどうしたらもっと良くなるのか?一緒に検証を行えることもウイングッドさんで作った際のメリットだと思います。

ウイングッドに今後求めるもの?

次のメニュー改定に向けて新しい提案を期待しています!
よりピアンタらしいメニューになる様、プランナーさんと考えていけたらと思います。