株式会社心斎橋ミツヤ

会社名/店舗名:株式会社心斎橋ミツヤ 第一営業部 MITSUKE 阪急グランドビル店
店長:中川 敬介 様
企業情報:関西発の「アンミツ」のミツヤ、「軽食喫茶」という業態の開発、関西発のセルフ式のカフェ業態の展開等、業界のパイオニアとして歩み続ける。

http://www.mitsuya.co.jp/index.html

 

 

メニューデザインを改定する上での課題とは?

自分達の店の売りが伝わっているのか?という疑問がありました。ホールに立ってお客様の表情や動きを伺っていると、まだ伝えきれていないと感じたからです。グループの別店舗で実績があったこともあり、メニューデザイン研究所さんに相談をした所、お店が抱えている課題が2つに絞り込まれました。

 

・客単価の伸び悩み

・リピート率の低下

 

お店の価値を伝え切れていないことで、チャンスロスが生じていることが分かったのです。

 

 

課題を解決するための提案がMDL(メニューデザイン研究所)にはありました

課題が見えたことで、具体的な改善案が次々に生まれました。

 

例えば、

・メニューの見せ方

・テーブル仕上げする事でその場を楽しむ(CS向上目的)

・ボディーコピーを変え、お店の特徴、楽しみ方を伝える

・ドリンクの出数コントロールによる原価コントロール

 

このような施策は自分達にはない発想であり、とても新鮮なでした。

 

 

メニューデザイン改定後の成果

見えた課題から、導いた目標ですがいずれもプラスに転じました。

 

・客単価108%

・客数105%

 

目立ったアップ率ではないが、推移としては順調なすべりだしだと評価できる結果を得ることができています。

 

 

思いがけない成果も

今回行った施策のひとつに 「テーブルで仕上げるメニューの導入」を、MDLさんから提案頂きました。目的としては、動画を撮影してもらって拡散して頂くためではあった。

施策を行う上で必要なオペレーションの指導をスタッフに教えていましたがなかなかすぐにはうまく出来ずに苦戦する場面もありました。しかし、お客様の反応が非常によく、メニューの写真を見た時点で、「これってどんなの?」と聞かれることが増えました。

 

メニューに対する自信を持ち始めたのか、「どんな風に説明をするか?」をスタッフ同士で話し合い場面も増えました。接客を楽しむスタッフが増えていることから良い流れが生まれています。お客様が帰り際に「ここのスタッフは楽しそうに働いているね。」とお声を頂きました。正確に数値化できているわけではないが、このような反響がリピート率の向上に繋がるのではないでしょうか。

 

 

 

今後、MDLに求めることとは?

今回担当して頂いたプランナーさんを始めデザイナーの方々にはメニューのネーミング、メニュー案までサポートして頂きました。今後はスポットの提案だけではなく、オフィシャルのサービスとして定着して頂くことを求めます。