株式会社 竹井

会社名/店舗名:株式会社 竹井/麺屋 たけ井
役職:代表取締役
名前:竹井 光一 様
会社/店舗プロフィール:日本一のラーメン店 中華蕎麦とみ田のDNAを受け継ぐ麺屋たけ井。濃厚魚介豚骨系のつけ麺。麺は極太ストレート麺。たけ井らしく心の味、心の接客を提供しています。

 

 

 

Q1.弊社を知ったきっかけは何でしたか?

メニューはすべて自分たちで作成していましたが、エリアの店舗ごとによっては見えにくかったり、伝わりにくかったりと課題がありました。そんな時にネットで「メニュー 作成」と打ち込んだ所、ヒットしたのがメニューデザイン研究所(当時のウイングッド)でした。

 

 

Q2.メニューデザイン研究所に発注した理由、決め手はなんですか?

冒頭で話した通り、メニューはすべて文字だけの構成だったため、写真を取り入れたメニューにしたいと思っていました。その点においても写真の使い方、見せ方がとてもうまくデザインされていたため発注の決め手になりました。

 

 

株式会社 竹井

 

 

 

Q3.メニューを作成する上で希望するもの(課題改善)はございましたか?

写真を入れることによって、商品の視認性を高めたいという希望はありました。そのことで追加メニューの出数を伸ばせればという狙いもありました。路面店等の大きな店舗では追加メニューの出数がその日の売り上げに直結します。打ち合わせの段階から意識して取り組みました。

 

 

 

Q4. 納品後のメニューの反響を教えてください。(課題解決ができているか?)

実際に追加メニューはオーダーされやすくなりましたので結果は目に見える形ででています。

 

 

 

Q5.メニューデザインで重要視しているポイントはありますか?

 

  1. デザイン性
  2. シズル感
  3. 分かりやすさ

 

この3つです。新規出店をした場所は商業施設のフロアでもあり、難波という土地柄からも多くの外国人観光客が押し寄せます。注文方法は券売機を設置しているため、あらかじめメニューを決めて頂くことになります。

 

株式会社 竹井

 

数ある競合の中かから、インパクトとおいしさを一瞬で伝えなければ勝ち目はありません。先にあげた3つのポイントを同時に打ち出すことが必要ですが、メニューデザイン研究所さんでは入念なリサーチと豊富な経験値からそれが同時に伝わるデザインを作成して頂けました。

 

 

 

Q6.今後メニューデザイン研究所に求めることはありますか?

今回の店舗ができあがるまで、設計、施工、デザイン会社と3つの業者に分業して行いました。そうするとコストがどうしてもかかってしまい、また時間もかかってしまいます。これがひとつにまとめて頂けると大変ありがたいと思います。